ブアメラの世界
Buah Merah World in Papua, Indonesia
ホーム ブアメラの世界へ ブアメラとは ブアメラの作用 ブアメラニュース 体験報告 ニュース・文献 博士の愛したブアメラ


昭和47年長崎大学薬学部卒業生同窓会開催される

平成27(2015年)年3月14日(土曜日)午後6時より、神戸ポートピアホテル、本館29階、中華レストラン「聚景園」にて上記同窓会が開催された。
二次会は、同ホテル30階、スカイラウンジプレンデトワ―ル。

幹事は岡本美紗緒・小池正博・末澤克己・武 孝子・松田徹生・山田有一氏であり、関西地区に永住している者が労をとってくれた。
参加人員は本同窓会初めての39名にものぼり、生存者の半数以上が集結した。

岡本幹事より歓迎の挨拶、次いで松田幹事による司会で同窓会が開始。
先ず、物故者10名へに黙とうを捧げ、待望のビールでの乾杯(乾杯の音頭は誰だったかのか)。

卒業して43年が過ぎ、男女とも若かりし頃の紅顔の美青年・美少女の面影はなく、名前の記憶も不確かであることは仕方なし。
特に小生のように1年落第した者にとっては、2年間のお付き合いであり始めから名前は記憶せず、研究(?)にいそしんだ者には学外での付き合いも少ない。
それでも時間が経つとともに、40数年前に同じ文教町のキャンパスで学んだ者の面影が浮かんできたものだ。
台湾からの留学生、と言っても台湾の大学や兵役を終え正規に入学試験を同じように受験し合格した羅君も参加。
彼には薬剤学のラプラス変換のレポートを移させてやり、助手から大目玉を受けたことが忘れられない。

今まで3回この同窓会に参加した。
台湾、東京、そして私が幹事であった時のバリ島。
幹事は趣向を凝らし、学生時代や過去の同窓会の記念写真が投影してくれたが、バリ島の記念撮影には僅か4名の姿。なんとなく寂しげ。

2010年のバリ島での同窓会、4名の同窓会は記録的

小生に商売の機会を与えてくれたのは、末澤幹事のご配慮であろう。
彼は、小生の研究開発の熱帯薬用植物に若干でも興味を持っていてくれたいる。
5分間のプレゼンテーションを行うことができ、ノニジュース・ブアメラの販売代理店の案内書が皆さんに行き届いた。
しかし、反応はいまだなし。

同窓生の多くは60代半ば、まだまだ若いとは云え鬼籍に入るものは増え続ける。
よって、同窓会は皆金と時間があるため毎年開催することに決定しています。
次回は、来年佐賀県で開催されます。



ポートピアホテル30階からの夜景

来年の同窓会まで足腰が丈夫であること、佐賀までの旅費・宿泊費・参加費を貯め始めることにする。

T. Nishigaki
E−mail

 

ホーム 健康博博覧会2009 ISNFF2010 S47年卒長薬同窓会 S46年卒業同窓会 S42年入学同窓会

著作権はブアメラ研究会に属し 無断複製を禁じます。 2006年12月。最終更新日:2015年10月04日