ブアメラの世界は、2017年10月より新サイトへ移行しました。こちらをクリックしてください。

ブアメラの世界
Buah Merah World in Papua, Indonesia
ホーム ブアメラの世界へ ブアメラとは ブアメラの作用 ブアメラニュース 体験報告 ニュース・文献 博士の愛したブアメラ


ブアメラとパプア州政府


2005
年に初めてブアメラの世界を訪れ、ブアメラがパプア先住民の貴重な稀少植物であることが確認できた。
ブアメラの神秘、有効性を現代的に解明することと、先住民の理解と協力を得ながら世界に広めることが大きな課題と認識するに至った。

そのため、先ずインドネシア政府とは国連生物多様性条約に基づきブアメラの物質移転協定(MTA)を結び、ブアメラに関するインドネシアの利益を遵守することにした(2007年)。

また、ブアメラの世界バリエム渓谷へは機会ある度に訪れるとともに、パプア州副知事や県知事との良好な協力関係を構築する努力を行っている。

パプア州政府より授与された金のネクタイピン
パプアは黄金の国である

 

 

   


インドネシア政府工業省CABI
Mr. Yang Yang Setiawan
所長とMTA調印
2007

 

 

パプア州前副知事Mr. Alex Hesegem
副知事はブアメラの世界のダニ族出身。
知人の白血病がブアメラで治癒し、医薬品としての価値を力説し、ブアメラ調査の資金援助の協力を得た。
2009

 

 

トリカラ県知事
Mr. Usman Waninbo
2012

 

   

 

ケーロム県知事
Mr. Yusuf Wally (
左から2番目)
2013

 

   

メンブラモ県知事
Mr. Ham Pagawak

2014

   

 

 

パプア州現副知事
Mr. Klemen Tinal

2014

   

 

上へ BuahMerah16

著作権はブアメラ研究会に属し 無断複製を禁じます。 2006年12月。最終更新日:2015年10月14日