ブアメラの世界は、2017年10月より新サイトへ移行しました。こちらをクリックしてください。

ブアメラの世界
Buah Merah World in Papua, Indonesia
ホーム ブアメラの世界へ ブアメラとは ブアメラの作用 ブアメラニュース 体験報告 ニュース・文献 博士の愛したブアメラ


ブアメラで魚椎変形症の改善

 

パプア島の稀少植物赤い果実ブアメラ
骨粗鬆症に加えて魚椎変形症にも効果が
椎体骨折判定基準
日本骨代謝学会は、1996年発表した椎体骨折評価基準を2012年に改定した。
2012年改訂基準では、今までの定量的評価法(QM法)に半定量法(SQ法)を加えた。
いずれの判定方法でも、椎体の形態的変化をX線画像で判定する。

椎体骨折基準
出典
椎体骨折評価基準(2012年度改訂版)。Osteoporosis Japan, vol 21 (1), 25-32, 2013
魚椎変形骨折
これは椎体の中央部分が前後に比べ少なく減ってしまう椎体の変形症です。
定量的には前後の高さに対する中央部の高さの比で表し、0.8以下だと骨折と診断され、治療の対象となる。
魚椎変形骨折改善の一症例
65歳女性。
2015年1月に腰椎の魚椎変形骨折の診断を受けた。
C/P比は0.806と骨折基準の境界値。
7カ月後の8月の値は、0.833と上昇(上昇率3.3%)し改善の兆候が認められた。
この方は、魚椎変形骨折の診断を受ける約3ヵ月前より、骨粗鬆症の予防のためにブアメラ500VEを1日4カプセルを飲み始めていました。
骨密度は右踵骨を音響的評価法によって測定しています。
その骨密度の変化を下図に示します。
  Buah Merah Osteoporossis 65yrs
骨密度は、ブアメラ500VE飲用前2.10, 飲用3ヵ月後2.368、10カ月後 2.403と変化し、骨密度増加率は12.6%です。
驚異的な増加です。

ブアメラ500VE飲用前の脊椎の骨折評価はされていません。
しかし、骨密度の増加より推定して魚椎変形は相当大きく改善したものと考えられます。

ブアメラは閉経後骨粗鬆症に効果があるものと期待されます。

多くのボランティアの方にご協力を戴いて、ブアメラ500VEの効果成績を積み上げていきたいと思っています。
ご協力下さる方は下記にご連絡下さい。

上へ ブアメラは赤ちゃんの栄養素 足りていますか? 骨粗鬆症 魚椎変形症 子宮頚部がん

著作権はブアメラ研究会に属し 無断複製を禁じます。 2006年12月。最終更新日:2015年11月02日